簡単にオシャレでクリエイティブに!ブランクデッキをステンシルでアレンジしよう!

DIY・メンテナンス
この記事は約6分で読めます。

「デッキを交換しよう!」

そう思い立ったとき、どんなデッキを選びますか?

 

・好きなブランドのロゴが入ったデッキ?
・好きなキャラクターがデザインされたデッキ?

どれも良いですよね!

しかしお洒落なデッキは、値段がかさんでしまいます。

 

そこで僕たちHVSBがオススメしたいのが、

“コスパに優れたブランクデッキ”

 

「え、無地のデッキなんてつまんないじゃん!」

そう思う方も多いでしょう。

しかし、グラフィックの無いブランクデッキだからこそ、オリジナリティを演出できる可能性を秘めているんです!

 

HVSBでは、ブランクデッキをアレンジするとっておきのレシピを紹介しています。

 

今回は、“ステンシル” というテクニックを使った方法を紹介していきます!

「安くてもお洒落なデッキを使いたい!」

「人とは違う、オリジナルなデッキが使いたい!」

そんなあなたは、ブランクデッキを用意してこの記事をチェックしてみてください!

 

ブランクデッキをブランクのまま使うなんて、ちょっともったいない!

ブランクデッキを「自分だけのオリジナルデッキ」にデザインしちゃいましょう!

【絶対マネしたくなる】簡単にオシャレでクリエイティブに!ブランクデッキをステンシル塗装でアレンジしよう!
スポンサーリンク

ステンシルとは?

 

ステンシルとは、型を使って塗装を行うテクニックのことです。

繰り返し使える型を作る事で、何度でも同じデザインをステンシルすることができるというメリットがあります。

まずは、ステンシルの型を作ろう!

 

ステンシルの型作りには

・カッティングシート(切り抜くとステッカーになる!)を型紙にする方法
・イラストがプリントされた用紙をそのまま型紙にする方法
・クリアファイルなどの樹脂素材のシートを型紙にする方法

があります。

 

僕たちは、毎回カッティングシートを使用して、使い捨てのステンシルシートを作っています。

 

型を繰り返し使用したい場合は、クリアファイルなどの樹脂素材を使用したほうが良いでしょう。
ただし厚みが増すと丈夫にはなりますが、そのぶん切り抜きにくくなるので注意しましょう!

カッティングシートを型紙にする方法

 

用意するもの
・デザインを印刷したコピー用紙
・カッティングシート
・デザインナイフ(カッター)
・定規
・マスキングテープ
・カッティングマット

 

1.下敷きの上に、ステンシルしたいイラスト用紙→カッティングシートの順に重ねます。

 

2.イラスト用紙とカッティングシートがズレないように、マスキングテープで固定します。

 

3.イラスト用紙ごとカッティングシートを切り抜きます。

 

細かいイラストを切り抜く場合は、カッターよりデザインナイフのほうが切りやすいのでオススメです

イラスト用紙を型紙にする方法

 

用意するもの
・ステンシルしたいイラスト用紙
・カッティングシート
・デザインナイフ(カッター)
・定規
・両面テープ
・カッティングマット

 

1.イラスト用紙の裏面全体に、隙間なく両面テープを貼り付けます

 

2.イラストがプリントされている面を上にして下敷きの上にのせ、カッターでイラストを両面テープごと切り抜いていきます

クリアファイルを型紙にする方法

 

用意するもの
・クリアファイル
・ステンシルしたいイラスト用紙
・デザインナイフ(カッター)
・定規
・マスキングテープ
・カッティングマット

 

1.クリアファイルの下部分を、カッターでカットします

 

2.クリアファイルを開き真ん中で半分にカットし、シートを2枚切り出します。

 

3.下敷きの上に、ステンシルしたいイラスト用紙→クリアファイルの順に重ねます。

 

4.イラスト用紙とクリアファイルがズレないように、マスキングテープで固定します。

 

5.イラスト用紙ごとクリアファイルを切り抜きます

スポンサーリンク

型が出来たら、塗装していこう

 

今回は、スプレーを使用して塗装を行います。

※下地がブラックの為、スプレーはアクリルスプレー(ホワイト)を使用します。

ムラにならないよう均等にスプレーします。

 

この時、均等に薄くスプレーしたら乾燥→均等に薄くスプレーしたら乾燥というように、数回に分けてスプレーします。
1度で厚塗りすると塗装面にダマが出来てしまい、キレイな仕上がりにならないことがあるからです。

ステンシルアレンジの完成!

 

スプレーが完全に乾いたら、ステンシルシートを端から慎重に剥がします。

 

島になっているステンシルシートがあれば、カッター等を使って剥がしましょう。

全て剥がし終わればステンシルの完成です!

綺麗にステンシルしたい場合は、デッキをやすり掛けして、一度塗装をしよう!

 

デッキの表面には、クリア塗装がされている事が多いです。

その場合は、そのままスプレーしてしまうと塗料が定着しにくいです。

 

その為、HVSBではデッキをペーパーでやすり掛けをして、アクリルスプレーのマッド(つや消し)ブラックで下地を塗る工程を踏んでいます。

 

「ものすごくきれいに仕上げたい」

そんなあなたは、ひと手間になってしまいますが、この工程を加えるとより良いステンシルを施す事が出来ます。

クリエイティブかつ簡単に、身近な物で出来るステンシル

 

ステンシルは、デッキだけでなく色々な所にオリジナルのデザインを描くことができます!

シンプルなテクニックですが、他の塗装技法と組み合わせればかなり凝ったデザインにアレンジすることも出来るのが良い所!

クリエイティブなスケーターは、是非チャレンジしてみましょう!

 

今回はステンシルの型を手作業で切り抜く方法をご紹介しましたが、他にもカッティングマシーンを使用する方法もあります。

より簡単かつスピーディーにステンシルが出来るようになるだけでなく、カッティングステッカーも簡単に作ることもできます。

 

気になる方は、是非そちらの記事もチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました