テールロック(テールストール)/TAIL LOCK(TAIL STALL)

HowTo-セクション
この記事は約4分で読めます。

テールロックとは、フェイキースタンスでRを上り、コーピングにデッキのテール部分をかける(ロックする)トリックです。

テールストールとも呼ばれています。

ランプなどのRセクションで滑る上での基本動作であるテールロックは、テール側としては最初に覚えるべきトリックになります。

 

今回の記事では、
・テールロック(テールストール)のHowTo
・コツやポイント
を紹介していきます。

 

テールロックは”テールタップ”と呼ばれる場合もありますが、テールロックとテールタップは厳密には別のトリックになります。
ただし、
・コーピング上に体重をのせてテールをしっかりとかけた場合が”テールロック”
・テールを軽く当てるだけの場合を”テールタップ”
違いはこのくらいな為、動きややり方などはほぼ一緒です!

 

[やりすぎ完全解説]

 

スケーターレベル★★

こなれ感 2

危険度 2

爽快感 2

応用度 3

おしゃれ度 2

[習得しておきたいトリック]

・パンピング
・ドロップイン(できなくてもOK!)

スポンサーリンク

このトリックの使いどころ

テール側のトリックであるテールロック(テールタップ)を習得すれば、ノーズ側のトリックであるインターフェイキーなどと合わせることにより、ランプなどでルーティンを組んで滑ることができます。

技を組み合わせれば、ランプでの滑りをずっと楽しめるという事です。

How To テールロック(テールストール)

 

・スタンス

ノーズ側の足はノーズ側のトラックのビス上付近か少し中央寄りに、テール側の足はテールのキックの上付近に置いておくと安定します

上体は、肩の力を抜いて顔は進行方向に向けておきます

肩とデッキはできるだけ平行にしておくと良いでしょう

テールロックの動作

1. フェイキースタンスでRを上がります

 

2.Rの少し手前から膝を曲げ、軽くしゃがむような感じでRに入ります

 

3. 曲げていた膝を伸ばし、上体から伸び上がるようにしてRを上ります
※Rを上がる動き自体は、パンピングの時と一緒です!

 

4. Rを上りコーピングの高さまで来たら、テールをコーピングにかけにいきます

コーピングにかけると同時に、身体をおこすようにしてプラットホーム上に乗り上げます

 

5.テールロック後は、身体の軸がR面に対して垂直になるように身体を倒していき、Rを下ります

スポンサーリンク

コツ・ポイント

テールロック(テールストール)を習得する為には、

・十分な助走をつける
・テールは差込むイメージでかけにいく
・身体の軸を意識する

と3つのコツとポイントがあります。

 

・十分な助走をつける

テールロックをする場合、デッキのテールがコーピングに余裕で到達できるくらいの十分なスピードが必要になります。

ランプでテールロックを行う場合は、基本的にパンピングで加速を得る事になります。

スピードが足りずテールがかけられないのであれば、先ずはパンピングをしっかりとマスターしてから臨むと良いでしょう。

 

・テールは差込むイメージでかけにいく

コーピングにテールをかける時は、バチッと上から踏むようにかけるのではなく、スッと差し込むようにかけにいきましょう。

 

・身体の軸を意識する

Rを上りコーピングが近づいてきたら、まずテールから差込むようにかけにいきます。

テールがコーピングにかかったら、コーピングにかけたテール上に重心を移します。

この時、R面で滑っている際にR面に対して垂直方向に保っていた身体の軸を、テールをかける瞬間にコーピングを支点とした軸に切り替えることでテールに重心を移します。

場面:R面 身体の軸:R面に垂直

場面:テールをコーピングに掛ける瞬間 身体の軸:コーピングを支点

まとめ

 

今回の記事では、テールロック(テールスチール)について解説しました。

これら基本的な4つのトリックが出来れば、ランプでずっと滑る事が出来ます。

是非、習得してスケボーを楽しみましょう!

 

また、テールロックとテールタップの違いは、テールをコーピングにかけた後
・重心をプラットホームに持っていく:テールロック
・重心をR面に残す:テールタップ
この2つの差で分かれます。

まずはコーピングに浅くかけるだけでも良い、テールタップを繰り返し練習してみるのも一つの方法です。

やり方は、同じですからね。

テールをかける感覚を覚えれば、テールロックの習得も早いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました