スケートボードの”しゃくる”とは何だ!?[ショービット]

疑問
この記事は約3分で読めます。

スケートボードのトリックHowToを見ていると、“しゃくる”という表現がたびたび登場します。

この”しゃくる”という表現は、ショービット系のトリックなどで頻出する言葉。

スケーターにとっては、オーリー系のトリックに使われる「テールを”弾く”」と並んで、お馴染みの言葉・アクションになります。

 

しかし、スケボーを始めたばかりの方からすると

「ボードを”しゃくる”?どういう事?」

という疑問を持つ方は非常に多いです。

日常生活で多く使われる言葉では無いですからね。

 

そこで今回の記事では
スケートボードの”しゃくる”とは何か
を解説していきます

スケボーにチャレンジし始めた方達は、是非参考にして下さい!

スポンサーリンク

しゃくるとは

 

“しゃくる”とは、デッキのテールまたはノーズ部分を、
・地面に対して平行に
・足で素早く払うように回転を加える
こんな動作です。

 

しゃくることによってスケートボードに横回転を加える事ができ、ノーズとテールが入れ替わるような動きをする『ショービット』系のトリックなどに使われる動作です。

このショービットは、スケボーを始めた方の多くが最初にトライするトリックに挙げられるので、しゃくる動作は身近な動きになってくるでしょう。

しゃくり方にもいろいろあるよ

 

実は、しゃくると一口に言っても、トリックによって微妙に動きが変わってきます。

 

例えばテールをしゃくったときに、
・テールを路面に擦らせるように当てる場合
・しっかりと弾くように当てる場合
・テールを完全に路面に当てないようにした場合
これら全てを『しゃくる』と表現します。

 

どのトリックの時にどういうしゃくり方をするのか、これもスケーターによって微妙に違ってきます。

スタイルってやつですね!

スポンサーリンク

スケーターじゃない人に聞いてみたよ

 

「足でしゃくる動きをやってみて!」

職場で一緒に働いているメンバー(スケーターじゃない)数人に、以前こんな質問をしてみたことがあります。

スケートの知識が無い人が、
「足を使って”しゃくる”と聞いたら、どんな動きをイメージするのかな?」
と、仕事をしながらふと疑問に思ったからです。

 

案の定、質問を投げかけられたメンバー達はみんな

『足で、しゃくる・・・ え???』

みたいな反応を返してくれました 笑

日常生活の中であんまり”しゃくる”って言葉は使わないですから、こんな反応になりますよね!笑

 

ちなみに釣りの世界では、ロッド(竿)を上に振り上げるアクションの事を”しゃくる”って言います。

『しゃくるって言ったらコレだよね』

と言いながら手を振り上げる動きをする人が何人か居たのは、釣り好きが多い職場だからでしょうね!笑

まとめ

 

今回の記事では、スケートボードでお馴染みの”しゃくる”について解説しました。

“しゃくる”とは、デッキに横回転を与えるアクションの事を指す、いわゆるスケーター用語になります。

 

“しゃくる”という言葉を最初に聞くであろう「ショービット」というトリックは、スケボー初心者の方が初めてチャレンジするトリックにはうってつけです!

スケータの皆さんは、是非押さえておきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました