テールマニュアル/TAIL-MANUAL効率的トレーニング法

HowTo-フラット
この記事は約4分で読めます。

このページでは、HowTo テールマニュアルの効率的なトレーニング方法を公開します。

[やりすぎ完全解説]

 

しっかりマスターしましょう!

 

トレーニングフロー

1.まずは止まった状態で、フェンスや塀などに掴まりながらマニュアルの基本姿勢を身に着けましょう。

 

2.基本姿勢が身に着いたら今度は実際にプッシュで進みながらやってみます。
ノーズを浮かそうとしてテール側に重心が寄りすぎると、転倒(まくられる)してしまうので注意しましょう!

 

3.ゴール地点を設定し、少しずつマニュアルで進める距離を伸ばしていきましょう。

 

オススメの練習方法は、複数人のスケーターで行う”マニュアル競争”です。

 

マニュアル競争とは、あらかじめ決めておいたスタート地点からマニュアルを始め、誰が一番長い距離を進めたかを競うゲームです。

接戦になると盛り上がることはもちろん、マニュアルスキルアップを目指すモチベーションにもなるのでぜひトライしてみてください!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

初心者にオススメではないトレーニング法

初心者の方にあまりオススメしない練習方法は、何もつかまない止まった状態でのマニュアルです。

止まった状態でのマニュアルは、バランスを保つことが非常に難しいため激しく転倒する(まくられる)危険性が高まります。

 

はじめのうちはプッシュで加速してからのマニュアルは少し怖いと感じるかもしれませんが、実際はある程度の速度が乗った状態のほうがマニュアルは安定します。

これは”ジャイロ効果”と呼ばれるもので、自転車が漕いでいる状態に安定するのと同じ原理になります。

 

基本姿勢が身に着いたら思い切ってプッシュからのマニュアルに取り組んでください!

 

練習方法画像

コツ・ポイント

その1 デッキ(テール側のトラック)を左右に傾けないように注意する。

 

デッキのセンターラインに重心を保つように意識することで、マニュアル中の左右方向のブレがなくなり安定します。

 

その2 テール側のトラック上に重心を保つ。

 

マニュアル時は地面と接しているテール側のウィールからトラック、腰、頭が地面と垂直な一本の棒になるように意識します。

 

重心がテール側のトラック上から外れるとバランスが保てなくなるためマニュアルを長く続けることはできません。

 

 

その3 テール側の足は固定する。

 

マニュアル時にテールを踏み込んだほうの足はそのままの力加減で固定し、ノーズ側の足と上体をフルに使ってバランスをとります。

テールブレーキのようにテールが地面に接地した状態をノーズ側の足で抑え込むようなイメージでマニュアルをすると、より安定し長く進むことができます。

 

締めのコメント(応援メッセージ)

マニュアルはハッキリ言って”筋トレ”です!

始めてすぐは、マニュアルのまま長く滑るのはかなり難しいと思います。

 

重心の保ち方を覚えることはもちろん、マニュアルには普段の生活ではあまり使わないような体幹周りの筋肉も必要となるため、根気強く継続して練習していく必要があります。

オススメ練習方法でも挙げた”マニュアル競争”などを取り入れ、楽しみながらマニュアルを上達させていきましょう!

 

マニュアルを鬼トレすると、すね、太もも、腹筋、背筋、肩回り、など全身いたるところが激しい筋肉痛に襲われることになります。

また、シェイプアップ効果が期待できるので、体重が気になる方や肉体改造を目指したい方は積極的にマニュアルを練習し、ぜひ美ボディーとスケートスキルアップを一石二鳥で手に入れましょう!!

 

では、最後にもう一度マニュアルの動画を貼りますので、何度も見てイメージを膨らませてください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました