段差の乗り方・降り方/GET UP & GET DOWN A CURB

How To
この記事は約3分で読めます。

段差乗り降りとは、街中にあるような小さな段差(車道と歩道を分ける段差など)を

“オーリーを使わずに”乗り越えたり降りたりする動作です。

段差の乗り方・降り方/GET UP & GET DOWN A CURB TRICK VIDEO[スケボー初心者必見!パークデビューのためのトレーニング法]

スケーターレベル★


こなれ感 2

危険度 1

爽快感 1

応用度 2

おしゃれ度 1

 

[習得しておきたいトリック・スキル]
プッシュターンチクタクマニュアル

スポンサーリンク

どんな時に使うとカッコいい?

街中などでスケートボードに乗っていると、

歩いている時には気にならないような小さな段差が気になることってありますよね?

 

段差を目の前にするたびに立ち止まってデッキを手に取っていては面倒だし、

何よりクールではない!

 

体重移動を上手に使って小さな段差をクリアできるようになれば、街中でのクルージングもより楽しく快適になるでしょう。

HOW TO 段差乗り降り

・スタンス

テールとノーズの両方が踏み込めるように少し広めのスタンスをとる。
ノーズ足はノーズ側トラックのビス上付近、テール足はテールの先端付近

 

・上体の向き

スポンサーリンク

段差を乗り越える時の動作

1.段差に向かって進む

 

2.段差の直前でテールを踏み込み、ノーズを段差の高さより高く浮かせる

 

3.ノーズ側のウィールが段差を越えたら、ノーズを下げてウィールを接地させる

 

4.ノーズを踏み込み、テール側のウィールが段差に引っかからないよう浮かせる

 

5.テールも段差を越えたら、通常の体勢に戻る

段差を降りる時の動作

1.段差に向かって進む

 

2.段差の直前でテールを踏み込み、軽くノーズを浮かせる

 

3.ノーズから落ちないように、軽くノーズを浮かせた状態をキープする

 

4.テール側のウィールが段差を越えたら、4輪で着地する

 

5.着地後、通常の体勢に戻る

段差乗り降りのコツ・ポイント

段差乗り降りには、2つのコツ・ポイントがあります。

ある程度のスピードが必要

スピードが遅すぎると、テール側のウィールが段差を越えるまでの時間が長くなってしまいます。

その間、片側のトラックで進む(マニュアル)体勢をキープしなければならないので難しくなります。

慣れるまでは怖くない程度に加速をつけてトライしてみましょう。

 

重心位置はデッキ中央

段差を乗り降りする際、テールを踏み込んで軽くノーズを浮かせる動作は一緒です。

 

しかし、この時テール側に重心が寄り過ぎてしまうと、

・上手く段差が乗り越えられない

・降りる時に”まくられる”

これらの原因となります。

 

重心位置はできるだけデッキの中央にキープするように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました