スケボーテール発火装置DIY

DIY
この記事は約3分で読めます。

昔「テールデビル」という、プッシュしながらテールを擦ると火花が散るエキサイティングな商品がありました。

 

しかし、現在は廃盤になってしまっています。

 

あのエキサイティングさがほしい・・・
でも売っていない・・・

 

作りましょう!

 

以前書いた[テールの消耗復活法]の記事の応用になります。

 

こちらもぜひご参考に。

スポンサーリンク

 

用意するもの

・エポキシパテ ダイソー
・ファイアスターター 1~3本(マグネシウム芯の部分を使います。)
・ペンチ
・ライター
・マスキングテープ
・粗目のやすり又はデッキテープの切れ端
・水
・軍手
・スケボー(今回はクルーザーを使います。)

 

 

 

 

ファイアスターターから芯を抜く

セリアで100円で購入した、こちらの商品を使います。

 

 

ライターでファイアスターターの芯の部分をあぶります。

 

ペンチを使ってあぶった芯をつかんで回しながら引き抜きます。

※火を使うのでやけどに注意しましょう。

 

マスキング

パテを盛る範囲を決める為、マスキングをします。

 

テールをする部分にパテを盛ります。
およそテールから3cm位です。

 

(画像はパテを盛った後の画像です。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

パテを盛り、芯を埋め込む

まず初めにパテが馴染みやすいように、粗目のやすりでテールを擦りざらざらにします。

ここから[テールの消耗復活法]記事参照

 

次にパテをこねます。
※臭くなるので換気もしくは外でやりましょう!

 

また、パテが熱くなるので注意。

こねたらパテを指に水を付けながら盛ります。

そしてパテが固まる前に、ファイアスターターの芯を埋め込みます。

ポイント:今回は芯を横に付けました。

 

作成するのが2回目なのですが、前回は芯をカットして縦方向に付けました。

 

芯をカットする際はニッパーを使用します。

 

カットする際火花が散り危険です。

その為横に付けるやり方を今回は紹介しています。

 

仕上げ

パテを盛った後はしばらく乾燥させます。

完成!

 

まとめ

 

火花が散るスケボーになりますので、火事にならないような広く迷惑にならないところで楽しみましょう!

また、以前販売されていた商品ですと、1時間も遊んでいると削れてしまって火花が散らなくなってしまいます。

今回は材料としては、パテと芯2本で300円です。
コスパも良く楽しむ事ができます!

今回はテールにマグネシウム芯を付けました。

 

応用として、別の場所に付けてもデッキをすることができれば、火花を散らすことはできます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました