初心者必見!スケートボードの「ウィール」交換方法

メンテナンス
この記事は約5分で読めます。
\公式LINEでオンラインスケートスクール配信中!/

あなたが今使っているウィールは、どれ位使ってますか??

 

スケートビギナーの方なら、もしかしたら

「最初に買ったコンプリートについてたウィールを、そのまま使ってるよ!」

って人もいるのかな?

 

ウィールは、スケートボードに乗れば乗るほど、トリックを練習すればするほど消耗し

 

確実に小さくなっていきます

 

小さくなりすぎたウィールは滑走性が低下するだけではなく、本来のシェイプでは無くなってしまっている可能性もあるので、定期的なタイミングで交換が必要なギアなんです。

 

しかし一口でウィールは交換が必要ですよと言っても、初めての交換は不安だと思います。

「自分に出来るのかな?」

こう思って、交換が後回しになってしまっている人もいるのではないでしょうか?

 

そんな方の為に!

 

今回の記事では
・ウィールの交換方法
を詳しく解説していきたいと思います。

 

HVSBの初心者スケーターのゆーた君も、交換はできるようになりました!

皆さんも是非、勇気をもってやってみてください!

スポンサーリンク

用意する道具

ウィールの交換に必要な道具は、こちらの6点です。

・スケートツール
・新しいウィール
[あれば便利]
・ベアリングプレス機

 

メンテナンス道具については、こちらの記事を参照にしてください。

交換の手順

交換の手順は、このような流れになります。

1.アクスルナットを外す
2.トラックからウィールを外す
3.ウィールに組み付けたベアリングを外す
4.新しいウィールにベアリングを組み付ける
5.トラックにウィールを取り付ける
6.アクスルナットを締める

 

画像付きで解説しますので、交換の際は一緒に見ながらやってみてください。

アクスルナットを外す

1.スケートツールなどの工具を使って、ウィールを固定しているアクスルナットを外していきます

 

スケートツールは、ウィールの交換以外にも様々な場面で必要です。
常備しておきましょう。

トラックからウィールを外す

2.トラックからウィールを外します。

このとき、アクスルワッシャーという小さなリンク状のパーツがあるのですが、ウィール交換後も同じ物がまた使えるので無くさないように取っておきましょう
スポンサーリンク

ウィールに組み付けたベアリングを外す

3.ウィールに組み付けたベアリングを外します。

トラックのアクスルシャフトの端に片側のベアリングの穴を引っかけ、テコの原理でベアリングを外していきます。

ウィールによっては外すのに結構な力が必要な物もありますので、怪我をしないように注意しましょう!

 

アクスルシャフトを使ったベアリング外し」は、定番の方法です。
これは、アクスルシャフトのねじ山を消耗させます。
予算が許せば、ベアリングプレス機を用意して使う事をお勧めします。

新しいウィールにベアリングを組み付ける

4.新しいウィールにベアリングを組み付けます。

 

トラックのアスクルシャフトに
①ベアリング
②ウィール
の順番に入れて、ウィールを上から強く押し込みます。

 

そうするとウィールに片方のベアリングがハマっている状態になるので、一度トラックからウィールを外します。

 

その後アクスルシャフトに
①もう一つのベアリング
②スペーサー (入れる場合)
③ウィール(ベアリングがハマっていない側)
を入れて、ウィールを上から強く押し込みます。
ウィールにベアリングを組み込む際も、ウィールによっては力が必要な場合がありますので、怪我に注意しましょう!
はめ込む場合も、ベアリングプレス機が使えます。

トラックにウィールを取り付ける

5.ウィールにベアリングを組み込んだら、トラックにウィールとアクスルワッシャーを取り付けます。

 

ワッシャー → ウィール → ワッシャーの順で入れてあげましょう

 

アクスルナットを締める

6.最後は、アクスルナットを締めて終わりです。

 

ナットの締め具合は、ウィールに若干の遊びがある位がベスト
ナットを締めすぎると、ウィールが回らなくなってしまいます

 

すべてのウィールをトラックに取り付けられれば、ウィール交換の作業は終了です!!

スポンサーリンク

まとめ:定期的な交換をしよう!

今回の記事では、
・ウィールの交換方法
を紹介しました。

大まかな交換の流れとしては、このようになります。

1.アクスルナットを外す
2.トラックからウィールを外す
3.ウィールに組み付けたベアリングを外す
4.新しいウィールにベアリングを組み付ける
5.トラックにウィールを取り付ける
6.アクスルナットを締める

 

ウィールの交換自体は、とても簡単に出来ます。

しかし、
・交換のタイミング
・ウィールの選び方
この2点は難しいポイントになります。

この2つに関しても記事を書いていますので、是非参考にしてください。

 

また、ウィールからベアリングを外したタイミングで、せっかくなのでベアリングのメンテナンスをしてあげるのも良いと思います。

是非、合わせて参考にしてください。

 

めちゃくちゃ便利な公式LINE始めました!                                       友だち追加                                                                             HIGHVOLTAGE SKATEBOARDING 新着記事一覧はこちら   TOPページ   カテゴリー一覧
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました