初心者スケーターゆーたの週1オーリーチャレンジ~第10話「あなたがわたしにくれたもの♪」

初心者スケーターゆーたの週1オーリーチャレンジ
この記事は約6分で読めます。

「スケボーに興味がある!」

「スケボーやってみたい!」

 

このブログをご覧の皆さんは、こんな想いを持った方も多いと思います。

この企画は、そんな想いを持ったあなたに送る!

これからスケボーを始めても・スケボーを始めたばかりでも練習すれば上手くなる!

それを証明する為の「スケボー初心者ゆーたの1年間検証動画企画」になります!

 

今回は第10話
月1回のMattyフィードバック「あなたがわたしにくれたもの~♪」です

【秘密兵器】あなたがわたしにくれたもの♪~第10話[初心者スケーターゆーたの週1オーリーチャレンジ]
スポンサーリンク

自主練weekでの板飛びの成功率30%

 

この1か月間で、目標物にしていた板を縦てオーリーを練習してきました。

そしてオーリーの成功率は、30%を超えてきたんですね!
(※個人の感想です。笑)

ついこの前まで、紐を飛んでいたとは思えないくらいの進歩です!

 

練習すれば、しっかりオーリーが出来るようになるんだと、改めて思いました!

次の目標物「オーリーハードル」の登場!

 

「板もボロボロだし、そろそろ次の目標物がほしいな~」

なんて思っていたので、

撮影中にいきなり

 

「Matty先生に次の目標を用意してください!」

 

と、いきなり頼んでみました!笑

 

すると・・・

 

秘密兵器「オーリーハードル」を渡されたのです!!!

 

オーリーハードルを使って、Let’sオーリー

 

早速オーリーハードルを使って飛んでみました!

 

まずは低い方から!

初めの方は数回失敗してしまいましたが、だんだんと余裕をもって飛べるように!

 

Matty先生からも、

「ぜんぜん飛べるじゃん!」

とお褒めの言葉もいただき、とても楽しかった!

 

「もう高い方に替えてもいいんじゃない?」

と言ってもらったので、高いハードルに可変!

 

すると・・・

全く飛べない・・・笑

 

幸いオーリーハードルは失敗してもバラバラになりやすく、まったく危なくないので恐怖心を持たずに飛べるのですが、それでもメイクできない・・・

 

やはり、壁は高かった・・・

スポンサーリンク

なぜ高い方は難しいのか?

 

動画で見返してみると、高いオーリーハードルも何本か惜しいオーリーもありました。

しかしなぜ飛べないかは、原因があるようです。

Matty先生にフィードバックを貰いました。

相変わらず、重心の位置が後ろ

 

まず一つ目のアドバイスは、お馴染みの
・重心をノーズ側に
でした。

 

まだまだ、重心が後ろになってしまっているとの事。

 

重心が後ろになる事で
・オーリー時に体が後ろ・デッキが前に行ってしまい、着地が上手くいかなく、テールも上がらない。
との事です。

 

自主練weekでも

「着地が上手くいかないなー」

「まだ、テールを上げられてないオーリーもたくさんしてるな」

と思っていました。

 

もはや基本の「き」というレベルですが、改めて意識します。

 

僕も何度も指摘されるってことは、やはり初心者スケーターの方も共通して難しいポイントだと思う!
(確かに良いオーリーだなって自分で思ったときは、ノーズ側に重心かける事が出来ている時なんですよね)

デッキを擦るシューズの位置

 

二つ目のアドバイスは
・デッキを擦るシューズの位置は、サイド
という事。

こちらは画像・動画で見た方が分かりやすいです。

 

皆さんオーリーを飛ぶ時に、イメージしている通りの話だと思います。

しかし、僕は足の裏の縁の方や、つま先で擦っている事も多いみたいなんですよね。
(靴のすり減り方を見てみました)

 

つま先でデッキを擦ると、真っすぐ擦る事が難しいようです。

そうなると、デッキがぶれて着地が難しくなってしまうとの事でした。

 

高い物を飛ぶ時は、着地にも難しさを覚えていたので、毎回サイドで擦れるように意識するようにします。

スポンサーリンク

オーリーを飛ぶ前の準備に余裕を持つ

 

強風ので動画では全く声が聞こえていなかったため、こちらはしっかり文章で書きます。笑

三つ目のアドバイスは
・高いものを飛ぼうとする時は、オーリーをする前(目標に向かって進んでいる時。アプローチ)にしっかり準備をしないと飛べない
との事でした

 

準備というのはズバリ

「しっかりしゃがんでいる事」

 

確かに僕は今まで飛んでいた物は、ある意味”勢い”で、「えいっ」って飛んでいたことも多かったです。笑

 

準備=しゃがんだ状態(オーリーを飛ぶ前の姿勢)で進んでいくって、なかなか難しいんですよね。

ただ、高い物は勢いでは飛べない為、しっかり準備をする必要があるという事でした!

 

筋トレメニューで体幹トレーニングがあるので、とりあえずそれをしっかりやろう。笑

高い物は、しっかりしたオーリーでないと飛べない

 

今週は、Matty先生が用意してくれた秘密兵器「オーリーハードル」を使ってオーリーをして、フィードバックをしてもらいました。

 

課題点として挙がった
・重心をノーズ側に(もはや毎回の恒例)
・デッキを擦るシューズの位置は、サイド
・オーリーの前の準備
の3点を意識して、「オーリーハードルの高い方」
を目標に、自主練weekを過ごしていきます。

 

Mattyからは

「高い方ハードルの方だと、しっかり飛べてないと難しいよ」

というアドバイスも貰いました。

 

裏を返せば、

高い方を飛べば、しっかりしたオーリーが身についているという事では!?

と思っています。

 

皆さんも是非、

「ちょっと物越え出来てきたな!」

というくらいの方は特に!

 

今回のアドバイスを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました