コスパ最強のスケボーパーツ!激安な工業用ベアリング(グリスタイプ)を使ってみた!

オススメ品レビュー
この記事は約6分で読めます。

普段使っているスケボーのベアリング

皆さんはどんなものを使っていますか?

 

・いつも使っているブランドのベアリング
このように、ある程度物を決めて使っている方もいれば

 

・ショップの店員さんにお勧めされたベアリング
・よく見ているYouTuberが使っているベアリング
・好きなプロが使っているベアリング
このように、他の人にアドバイスなどを貰って使っている方もいるでしょう。

 

・よく分からないから、ショップに並んでいるベアリンングで一番安い物
・ブランド物が欲しいが、金銭的に泣く泣くコスパ重視のベアリング
このように、”コスト面を気にして選んでいる”方もいらっしゃると思います。

 

今回の記事では、特に”コスト面を気にして選んでいる”そこのあなたに!

 

ぶっ飛んだ性能こそないものの、回転性能は申し分なく、それでいて安価なので気兼ねなく使えてまさに“コスパ最強”のベアリングを紹介していきます。

 

金銭的にベアリングが気軽に買い替えられない!
という僕らのような金欠スケーターの方は、是非参考にしてみてください!笑

スポンサーリンク

コスパ最強の”格安の工業用ベアリング”

 

今回購入したのは、

「ミネベア(NMB)製の608zzという規格のベアリング」

グリスタイプのベアリングです。

 

 

軸受部品(ベアリング)を取り扱っているネットショップで購入しました。

608というのはベアリングのサイズを表しているもので、外径22mm、内径8mm、幅7mmのサイズのものが608にあたります。
スケートボードに使う目的であれば、この608という規格のベアリングを選べばOKです。
数字の後ろのzはシールドの有無を表しており、zが1つなら片側メタルシールド、zzなら両側メタルシールドということになります。

 

そして今回購入したのはミネベアの中でも、価格を抑えたインドネシア製の物になります

 

その価格なんと、ベアリング1つあたり83円!!

デッキ1台分(8個)買っても670円!!
(ジャ○ネットた○たの社長も驚愕のお値段です!笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング 608ZZ NMB
価格:83円(税込、送料別) (2021/6/26時点)

楽天で購入

 

 

 

とりあえず4セット分の32個仕入れてみたけど・・・

32個でしめて2,700円なり!

2,700円って、下手したらスケートブランドのベアリング1セット買うより安いぞ!

使用感は、”路面の荒い場所で滑る分には、十分”

 

価格は安くても、気になるのは使用感です。

「安くても、全然回転しないじゃん・・・」

そんなベアリングでは、まさに「安物買いの銭失い」

意味ないですからね。

 

まずはウィールに組み込んだ状態で、指で回してみました。

予想通りグリスなので、さほど回りません

「さすがにこの価格だと、この程度か・・・」

 

全く期待せず家の前で軽く乗ってみます

 

「ッッ!??やだ、すごいスムーズ・・・」

 

しっとり感のある滑らかな回転は「グリースタイプならでは」

音も静かで、シャーっと回るオイルタイプの軽い回転とはまた違った感じ

無荷重ではあまり回らないグリスでしたが、人が乗ると意外とよく回ってくれます

 

高速回転したときに差が出てくるとは思いますが、低速域ではオイルとさほど変わらない印象を受けました。

路面の粗いストリートなんかで滑る分には、正直これで十分かも!

スポンサーリンク

メタルリテーナーで、メンテナンスも簡単

 

そしてこのベアリング。

メンテナンスも簡単にできるんです!

 

通常、スケートブランドのベアリングの多くはリテーナー(ボール保持機)が樹脂製となっています。

樹脂リテーナーの方が自己潤滑性があるとのことで、スケートブランドのベアリングの多くに採用されているようなのですが、激安工業用ベアリングの方はリテーナーが樹脂製ではなくメタル製です。

 

その為、ホームセンターなどで売っている安いパーツクリーナーを、ガンガン使ってメンテナンスすることが可能であると言えます。

メンテのたびに丸ごとパーツクリーナーの液にじゃぶじゃぶ漬け込んでも、リテーナーにダメージはありません。

 

注意点は、”錆に弱い”

 

今回紹介している

コスパ最強の激安工業用ベアリング「ミネベア(NMB)製の608zz」ですが、注意点が1つあります。

 

それは、ステンレス製ではないので錆に弱いということ。

ステンレス製のものもありますが、価格が2~3倍くらいになります。

まぁ雨の中とかで滑らない限りそこまで錆の心配はいらないと思いますし、万が一錆びてしまっても気兼ねなく交換できちゃう価格ですからね。

しかし、メンテナンスなどでパーツクリーナーを使って脱脂・洗浄した後も、非常に錆びやすい状態になります。

脱脂・洗浄後は早めにオイル等をさしてあげましょう!

スポンサーリンク

コスパ最強で、いい意味で期待を裏切られたベアリング

 

工業用ベアリングでしたが、イメージしていたよりも回りが良く、良い意味で期待を裏切られました。

・路面の粗いストリート

特にこの場面で滑るには、正直これで十分かも知れないです!

 

また、個人的にはこれまでオイルタイプのベアリングを長く愛用してきたので、しっとり回るグリースタイプの乗り心地もとても新鮮に感じられました。

激安ではありますが「ウィールをスムーズに回転させる」というベアリングの役割を十分に果たしてくれるので、「コスパ最強のベアリング」だと言っても過言ではないでしょう。

 

今回使用してみたことで、工業用ベアリングがそのままでも必要にして十分な回転性能を持っている事がわかりました。

しかし、そもそもこのベアリングを購入したのには、ある目的があったのです。

それはそのまま使用するのではなく、パーツクリーナーで脱脂して中のグリースを完全に抜いてから超低粘度のオイルを注して使用するため

 

この価格なら万が一即効でぶっこわれても諦めがつくでしょ?笑

ベアリングのリテーナーには、樹脂製とメタル製があり
・樹脂リテーナーの方が自己潤滑性がある
・メタル製は樹脂製よりも重量増 etc.
このように違いがあります。
これにより
・回転性能、とくに初速やトップスピード
に差が出てくる可能性があります。

しかし、せっかくだから1度そのままの状態で使ってみようとデッキに組み込んでみたら、この結果だったのです。笑

 

今度は本来の目的通り激安工業用ベアリングのグリースを洗浄して超低粘度オイルを指してみて、そちらの使用感も記事にしていきたいと思います。
(グリスを抜いてオイルをさした場合には、メタルと樹脂の違いを、より大きく感じられるかもしれませんからね)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました