Amazonで買えて超便利!スケボーのベアリングメンテナンスで使えるドロッパーボトル

メンテナンス
この記事は約5分で読めます。
\公式LINEでオンラインスケートスクール配信中!/

スケートボードに使われるオイルベアリングは、定期的にメンテナンスをしてあげると回転性能を維持する事ができます。

しかし、いくら低粘度のオイルであっても“大量”に差してしまうと、オイル自体がベアリング回転時の抵抗になってしまうという注意点も・・・

 

“潤滑”“回転性能”を両立するには、1滴~2滴という極少量の注油が必須になるのです。

 

だがしかし・・・!

スケートブランドから出ているオイルの中には、この少量注油が難しい物もあるんです!

 

原因は、オイルの入っている容器の先端が「太いノズル形状」であるから。

どうしても、1滴の量が多くなってしまうのです。

BONESやブロンソンなど、海外スケートブランドのベアリングオイルは、ほとんど太いノズル形状のボトルですね!

 

しかし、太いノズル形状が使われているオイルを

「上手く差したい!」

「試してみたい!」

という方も多いと思います。

 

そこで今回は、そんな悩めるスケーターの為に”超便利なアイテム”
・Amazonで買えるドロッパーボトル
をご紹介します!

 

このドロッパーボトルがあれば、簡単に少量注油を行う事が出来ます!

「オイルを差すとき、どうしても1滴の量が多くなっちゃう」

「購入したいベアリングオイルの”先端”の事なんて、どうなってるかわからない」

そんなあなたは、是非この記事を参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ドロッパーボトルの概要

Amazonで注文をして届いたドロッパーボトルがこちら!

 

ボトルの形状は、NINJAのバッデストオイルの物とほぼ一緒の様に見えます。


NINJAバッデストオイルのボトル

 

価格はAmazonなので価格の変動もありますが、自分が購入した時は10本入りで約1,000円(送料無料)でした。

10本入り以外にも5本とか3本入りもあって、だいたい1本あたり100円前後で手に入ると思います。

 

届いたボトルに、さっそく手持ちのオイルを移し替えて使ってみます。

 

これはイイ!!

 

NINJAバッデストオイルのボトルの様に、少量の注油が簡単にできます。

 

また、改めて気づいたニードルタイプのボトルの2つメリットがあります。

ドロッパーボトルのメリット

1.シールドレスベアリングを使っている場合、デッキに組み付けたままでのベアリングへの注油がやりやすい!

特にトラックのハンガー側のベアリングは、太いノズルだとオイルがさしずらいのですが、ニードルタイプなら注油が楽にできます。

 

2.オイルをムダにせず、必要な量だけさせるので経済的

太いノズルだとオイルが出過ぎたり、余計な所にまでオイルが付いてしまったりすることもあります。
結構、もったい無いんですよね

ドロッパーボトルの注意点

このドロッパーボトル、唯一気を付ける事があります。

持ち運びの際は、ボトルごと密閉できるケースに入れるという事。

 

キャップはもちろん付いているのですが、シリコン製のキャップをニードルの先っちょに被せる形です。

そのままバッグに入れてしまうと、何かの拍子でキャップが空いてしまった場合、オイルが漏れる可能性が考えられます。

そこだけは、気を付けるようにしましょう!

ドロッパーボトルを使う対象となりえるブランド

ドロッパーボトルを使う事で、”少量の注油が可能”というメリットを受けることが出来るブランドは、

海外スケートブランンドの
・BONES
・ブロンソン

などから出ているベアリングオイルです。

これらの海外ブランドは、ノズル形状のボトルが採用されている事が多く、ドロッパーボトルを使うメリットが大きいでしょう!

 

かえって、日本のブランド
・NINJA
からリリースされているペンタイプのオイルやバッデストシリーズのボトルは、先端が金属製の細いニードル形状になっています。

このニードル形状のノズルであれば、注油の量をコントロールしやすく
“オイル少量さしずらい問題”
は起こりません!

 

容器の使いやすさにもこだわっているあたり、さすがジャパンクオリティです!
他のブランドもみんなこのボトルを採用して欲しいけど、コスト等の問題で出来ないのかもしれません。
(多分ね!)
スポンサーリンク

まとめ:一度は試してみるべし

今回の記事では、”超便利なアイテム”
・Amazonで買えるドロッパーボトル
をご紹介しました。

Amazonで購入できるドロッパーボトルは、10本入りで約1,000円
BONESやブロンソンなどの海外ブランドのベアリングオイルは、ノズル形状のボトルが採用されている事が多く、少量注油がしにくい。
→ドロッパーボトルを使えば、少量注油が可能
→シールドレスベアリングの場合、デッキに組み付けたままでも注油しやすい!
ドロッパーボトルのキャップはシリコン製の物を被せるだけなので、持ち運びの際は、ボトルごと密閉できるケースに入れるべき。

まとめると、このような内容になります。

 

持ち運ぶ事だけを考えると、しっかりとキャップが締められる通常のボトルタイプの方に軍配があがると思います。

しかし、特に持ち運びはしないというのであれば、ニードルタイプのボトルの方が使いやすくて絶対オススメです。

 

ベアリングオイルを差す際に、

「細かい量の調節が難しい・・・」

と感じた事がある方は、是非一度使ってみてください!

これはいいぞ!!って思うと思います!

 

実際、僕はこのニードルタイプのボトルが気に入って、手持ちの色々なオイルを移し替えて使っています。
(スケートだけでなく、釣りのリールのメンテナンスにも使っています笑)

 

そんな訳で、今回は便利で安価に手に入るドロッパーボトルの紹介でした。

1つ持っておいても良いアイテムと言えるでしょう。

是非、参考にしてみてください☆

 

めちゃくちゃ便利な公式LINE始めました!                                       友だち追加                                                                             HIGHVOLTAGE SKATEBOARDING 新着記事一覧はこちら   TOPページ   カテゴリー一覧
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました