知っておこう!トラックを長持ちさせる為のプチメンテナンス

メンテナンス
この記事は約4分で読めます。

 

皆さんは、壊れるまでトラックを使い倒した事はありますか?

 

すべてのギアが消耗品であるスケートボードの中でも、トラックは耐久性の高く1番長寿命なパーツです。

 

しかし、そんなトラックでも

 

・グラインドトリックでハンガーが削れて中のアクスルシャフトが露出する
・アクスルシャフトが折れる

 

などなど、交換は必要になります。

 

 

また激しいトリックによって、ハンガー以外の部分も結構消耗します。

 

・アクスルナットが削れてシャフトのネジ山も潰れてしまう

 

なんて事は良くありますね。

 

 

シャフトのネジ山はネジ切りダイスを使えば直せますが、あまりにネジ山が潰れすぎていると修復不可能になってしまうことも…

 

スケートツールの真ん中の穴は何の為に空いている?ネジ切りで潰れたネジ山を復活させよう!
みなさん、スケートツールはちゃんと持っていますか? スケートツールは、スケボーのセットアップやメンテナンス時に必要な工具が一つになっている必須アイテムになります。 しっかり常備しておきましょう! と...

 

いくらトラックは耐久性が高いといっても、アクスルがダメになってしまうとハンガーがまだ削れていなくても買い替えが必要になってしまうかもしれません。

 

 

そこで今回は、トラックをもっと長持ちさせる「プチメンテナンス術」をお伝えしてみたいと思います。

スポンサーリンク

アクスルワッシャーを使って調整

 

トラックにウィールを組み付けた時、多少遊びを持たせるようにナットの締め具合を調整すると思いますが・・・

 

締め込んだナットの端面よりもシャフトが出っ張り過ぎていると、ネジ山が潰れる原因となってしまいます。

 

シャフトが出っ張っている分、地面に打ち付けられやすくなるからですね!

 

そんな時は”アクスルワッシャー(スピードリングなんて言ったりもします)”を入れる枚数を増やして、ナットとシャフトがツラになるようにしてあげましょう!

アクスルナットをこまめに交換

 

ナットが削れ過ぎてくると、どうしてもシャフトもダメージを受けてしまいます。

 

 

シャフトのネジ山が潰れる前に、こまめにナットを交換してあげると良いですよ!

キングピンナットをこまめに交換

 

キングピンナットも削れ過ぎると、キングピンのネジ山が潰れてしまう原因に!

 

 

アクスルナットほどの頻度ではないですが、ある程度ナットが削れてきたら新しい物に交換してあげましょう。

スポンサーリンク

トラックをとめてるビスの増し締め

 

デッキとトラックをとめているビス&ナットは、気が付くと緩んでいることがあります。

 

ビスが緩んだ状態で乗り続けるとトラックやデッキにも優しくありませんし、なによりトリックもやりずらくなりますので、こまめに増し締めをしてあげましょう。

 

ビスがガタガタのまま使っていると、トラックのベースプレートのビス穴が広がってしまいます。

 

 

ビス穴が広がって、こんな風にパンダの目のようになっているベースプレートを見たことありませんか?笑

 

特に、デッキを新調したての時ほどビスが緩くなりがちなので、滑る前に毎回増し締めしてあげるとGOODです!

とっても簡単なプチメンテナンス

 

今回「トラックを長持ちさせる方法」をいくつかご紹介させていただきました。

 

どれも簡単なものなので、メンテナンスと言うとちょっと大げさかもしれませんので、プチメンテくらいですね!笑

 

日常のちょっとした手入れによって、ハンガーが折れるまでとことんトラックを使い倒すことができます。

 

僕はこれまで何台もトラックを使ってきたのですが・・・

 

実はシャフトが露出or折れるまで使った事は無いんです。

 

違うサイズのトラックに変えたり、使用中のトラックが壊れる前に別のブランドのトラックを試してみたくなったりして買い替えることが多かったからですね。

 

なので僕は今使っているトラックをプチメンテしながら、ハンガーが削れてシャフトが出るまでがっつり使い込んでみたいと思っています。

 

そして引退させたトラックを肴に、思い出に浸りつつ1杯やろうと思っています。笑

 

是非皆さんも、プチメンテやってみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました