ショービット/SHOVE-IT

HowTo-フラット
この記事は約5分で読めます。

ショービットとは、テールをしゃくり地面に付いた状態もしくは地面から少しだけ浮かせた状態でデッキだけを180°回転させるトリックです。

 

[やりすぎ完全解説]

TRICK VIDEO

 

スケーターレベル ★★

応用度 3

危険度 2

おしゃれ度 2

パンチ度 1

爽快感 1

スポンサーリンク

 

ショービットの解説

ショービットは、足とデッキが離れる回転系トリックの中で最も初歩的なトリックです。

 

オーリーを使わないトリックなのでプッシュやチクタクといった基本動作が身についてきたら練習を始めて良いでしょう。

 

テールを弾かずしゃくることで地面すれすれの位置でデッキを回す”ショービット”

に対して、

しっかりとテールを弾いてデッキを浮かせながら回すトリックを”ポップショービット”

と言います。

 

まずは、危険度の低いショービットから練習しましょう!

 

[原理]

しゃがみこんでからジャンプする間の

“デッキに乗っていた体重がゼロになる瞬間”

にテールを足先で払う(しゃくる)動作を行うことでボードを180°回転させます。

 

”しゃくる”とは?

横回転系のトリックを行う際に必要となるのがこの”しゃくる”という動作です。

つま先でテールを横に払う動きのことを指します。

 

ポップショービットやトレフリップなどの地面から浮かせた状態で横回転を加えるトリックでは、地面を弾くと同時にこの”しゃくる”動作を行います。

How To ショービット

・スタンス

ノーズ足は、親指の付け根がデッキの中心にくる位置。

テール足は、しゃくる動作がしやすいようテール足の指をデッキに引っ掛けるようにして置きます。

 

・上体の向き

肩とデッキは平行もしくは軽く進行方向に開きます。

上体が前に開き過ぎていると、デッキコントロールがやりづらくなります。

 

スポンサーリンク

 

ショービットの動作

1.基本スタンスをとる

 

2.少しだけ腰を落とし体を浮かせるための”ため”をつくる

 

3.小さくジャンプをする

このとき、足とデッキが離れないように意識する

 

4.テールをしゃくりデッキを180°回転させる

 

5.180°回りきったデッキをノーズ足からキャッチする

 

6.ひざのクッションを使って着地する

 

7. 基本スタンスに戻る

コツ・ポイント

重心位置をノーズ足よりに置いてデッキの中心を軸に回す。

 

はじめのうちはテール側のトラックが中心になってしまいノーズが左右に大きくブレた回転になりがちです。

 

このような回転では、デッキがその場で回転せず自分から離れていってしまうので無理やりデッキに飛び乗らなければならなくなってしまいます。

 

あくまでショービットは、体の真下(足元)で回して乗らなくてはなりません。

 

 

・ジャンプの”寸前”

板を回転させるタイミングで意識する部分です。

ジャンプまではいかないのですが、ジャンプをやりかけるイメージ。

テールをしゃくる動作は、あと少しで体が宙に浮くという”一瞬のタイミング”で行いましょう。

そうすると、板と体が離れすぎない”コンパクトなショービット”になります。

 

動画でそのタイミングをチェック!

 

・しゃくりを早く

テールをしゃくる動作は、素早くコンパクトに行いましょう。

 

しゃくる速度が遅いと、ウィールが上手くスライドしないのできれいな回転にはなりません。

 

前側のウィールが地面から離れた瞬間に、前後のウィールを素早く入れ替えるようなイメージでしゃくりましょう。

 

スポンサーリンク

上手くショービットを回せないと悩んだら

デッキから降りた状態で、デッキを綺麗に回転させる練習をしよう!

 

1.デッキから降りた状態で、デッキを自分の前で縦になるように置きます

 

2.テール足をデッキのテールに置きます

 

 

3.テールとノーズを入れ替えるようなイメージで、4輪を同時に地面を擦らせるようにし注意しながらショービットを回します

 

 

4.180°回りきったデッキの中央をテール足でキャッチします

 

 

[ポイント]

この練習を行うことによって、デッキをコンパクトで綺麗な回転で回せるようになります。

 

デッキの中央を軸に、テールとノーズの位置が入れ替わるように回せるようになれば良いでしょう。

 

この練習方法でのコツは、足をテールに引っ掛けるようにし、上下にしゃくらないよう回すことです。

 

これが出来るようになったら、実際にデッキに乗って練習しましょう。

 

今度は自分の体重をコントロールしなくてはならないので、少し難しい感じると思います。

 

上手く回せないと悩んだら、何度でもこの”デッキに乗らない練習法”に戻って基本の回転を確認してください!

ワンポイント・アドバイス

ショービットは、滑っている最中にデッキの前後を入れ替えたり、トリックの合間にワンポイントで入れる”アクセント”のようなトリックです。

 

個人差はありますが、初心者でも1日練習すればできてしまう人もいます。

 

あくまでも小技なので、しっかりと飛び上がって大袈裟に決めるのではなく、さりげなくコンパクトに決めるのがオシャレでカッコいい!!

 

ワントリックとして決めるのであれば、同じショービット回転でもインパクトのある”ポップショービット”を練習しましょう。

 

ポップショービットに関しては、別で解説・トレーニング法を掲載します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました