F/S パワースライド/FrontSide POWER SLIDE

How To
この記事は約5分で読めます。

 

パワースライドとは、通常のウィールの回転方向に対し垂直または垂直に近い角度でウィールを滑らせるトリックです。

F/S パワースライド/POWER SLIDE  TRICK VIDEO[スケボー初心者必見!パークデビューのためのトレーニング法]

今回は”F/S(フロントサイド)”、つまり前側のパワースライドをご紹介します。

スケーターレベル★★


こなれ感 3

危険度 2

爽快感 2

応用度 4

おしゃれ度 3

 

[習得しておきたいトリック・スキル]
エンドオーバーエンドウォーク

スポンサーリンク

パワースライドって何?

ストリートスタイルのスケーティングでは、頻繁に使われるトリックになります。

 

・180°系のトリックでは、足りない回転分を着地後に補う”ドライブ”として応用。

・ブレーキングの方法として、ダウンヒルやフルプッシュ時に減速する際に使用。

 

使う場面は、この2パターンが多いですね。

 

パワースライドをメイクすることで、本来のウィールの回転方向にとらわれず、自由自在にスライドをコントロールでき

”滑るを楽しむ”

ことができます。

 

 

スケーターならば、ウィールと路面とが擦れる音を聞けば心躍ること間違いなし!!

 

 

スライドさせたウィール越しに足元に伝わる地面の凹凸や、小さな砂礫の感触…

そして、摩擦の限界を超え悲鳴を上げながら横滑りするウィールの音…

 

これはまさに

”五感で楽しめるトリック”

と言えるでしょう。

原理

パワースライドは、「運動する物体は運動し続ける」という”慣性の法則”によって成り立っています。

 

つまり、

 

“通常の進行方向に向かって進むボードを素早く真横に向け、ウィールの回転が急に止まってもボード自体は止まらずに進み続けようとする力”

 

によって可能となるトリックです。

 

カーレースなどで見られるテクニックの”ドリフト”を想像してもらえると、わかりやすいと思います。

 

より長い距離をスムーズにパワースライドするためには、ある程度のスピードが必要となります。

HOW TO パワースライド

・スタンス
ノーズ足は、前のトラックのビス上付近(ウィールの上)に
テール足は、キックの立ち上がりからテール先端までの間に置きます

 

 

・上体の向き
肩とデッキは平行もしくは軽く進行方向に開きます。

スポンサーリンク

パワースライドの動作

1.プッッシュで十分な加速をつける

 

2.基本スタンスで、腰を落として”ため”を作る

 

3.肩と腰を進行方向に開のきながら、上体から伸び上がる

 

4.テールを押し込むようにして、一気にデッキを横にスライドさせる

 

5.両足を進行方向に向かって伸ばし、かかとでウィールを押して滑らせる

 

6.進行方向に開いていた腰と両足を戻しながら、デッキを通常の向きに戻す

 

7.ひざのクッションを使ってデッキを安定させる

 

8.通常のスタンスに戻る

パワースライド”2つのコツ”

パワースライドをメイクする時は、2つの大切なコツがあります。

ボードを素早く横にする

ボードを真横に向ける速度が遅いと、ウィールと地面の摩擦抵抗が大きくなりスムーズなスライドができなくなってしまいます。

直進の勢いをできるだけ殺さないようにするためには、全てのウィールに均等に体重を乗せ素早くボードを横にしましょう。

スポンサーリンク

両方のかかとでウィールを押す

デッキを進行方向に対して素早く横に向けたら、両足を身体より前に伸ばしウィールを押します。

この時、両足のかかとに体重を乗せ”かかと側の2輪のウィール”を押すようにすると、スムーズにスライドできます。

つま先側のウィールに体重が乗ってしまうと前のめりに詰まってしまい、デッキを残して自分の身体が前方に飛ばされてしまう(スノーボードでいう逆エッジ)ので注意しましょう。

パワースライドは、硬めのウィールがオススメ

パワースライドのやりやすさには、ウィールの硬さが大きく関わってきます。

 

路面への食いつきの良い柔らかいウィールよりも、硬めのウィールの方がスムーズにスライドさせることができます。

そのため、パワースライドやドライブといったテクニックを多用するストリートスタイルでは、硬めのウィールを選ぶ人も多いです。

 

ウィールの”パンク”に注意

ウィールの一部が異常に削れたり欠損してしまう現象を”パンク”と呼び、乗り心地が極端に悪くなります。

ウィールを酷使するパワースライドでは、このパンクのリスクが常に付きまといます。

ある程度硬いウィールを選ぶことでウィールの消耗を抑えることはできますが、パンクを完璧に防ぐことはできません。

オススメのウィール

僕が使ってきたウィールの中でオススメなのが、

SPITFIREのFORMULA FOUR(スピットファイヤ/F4)

 

BONESのSTREET TECH FORMULA(ボーンズ/STF)

です。

この2つは

・耐久性
・耐摩耗性
・乗り心地
・スライド性能

など、ウィールに求められる性能を高次元で実現したウィールで、ストリートで滑るスケーターには愛用者がかなり多いウィールの大定番です。

 

通常のウィールよりも高価なウレタン素材(次世代ウレタンなどと呼ばれる)を使用しているため、価格も高めとなっていますが、スライドさせやすいのにパンクもしづらいためパワースライドをするにはピッタリのウィールです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました