簡単!デッキテープの貼り方第2弾-等高線Ver

メンテナンス
この記事は約4分で読めます。

デッキを新しく購入したり、はたまたメンテナンスの時に出てくる

デッキテープの交換

 

普通に貼りかえるのも良いけど、少し味気ない・・・

「少しでもカッコいいデッキにしたい」

そう思う方は多いはず!

僕たちHVSBも、その気持ちは一緒です。

 

そんなあなたの為に、HVSBがデッキテープを貼り方を色々試して紹介しちゃいます!

今回は第2弾として、撮影を担当しているナヲが地図に使われる“等高線”をモチーフにしたデザインで貼ってみました!

 

オリジナリティ溢れるデッキになったので、気になる方は是非チェックして真似してみてね!

注意点
デッキテープの貼り替えの場合は、一度部品を全部外しデッキのみの状態で行います。
スポンサーリンク

今回のモチーフ「等高線」

 

等高線とは、地図上で同じ高度の地点を結び線上に表したものです。

アウトドア系のウェアやグッズ等のデザインにも使われることが多いので、みなさんも見たことあるのではないでしょうか?

 

なんで等高線なの?

ナヲに聞いたところ・・・

「地理学科だったから」

という謎の答え・・・笑

 

大学時代に地理学科だったナヲは等高線を指でなぞりながら山の地形をイメージするのが好きとのこと・・・

うーん、僕(Matty)にはさっぱり理解が出来ない・・・笑

 

実際にやり始めると、さすが地理学科卒だけあり、フリーハンドでデッキテープを等高線柄に切り抜き始めました!

さて!どんな風に仕上がるのか!完成が楽しみです!

Let’s TRY!

[準備するもの]

(カットに必要)
・カッター
・カッティングマット
・マジック(フリーハンドなら不要)

(貼る際に必要)
・ドライバーなどの金属製の棒(デッキテープを擦るのに使用)
・カッター

 

 

[作成方法]

1.デッキテープにデザインを描く

今回ナヲは、フリーハンドで直接デッキテープをカットしていますが、等高線マニアだからこそ出来た技です。
この点はみなさん真似しなくて良いと思います!笑

まずはネット等で、参考になる等高線の画像を検索してみましょう!

参考となる画像が見つかったら、デッキテープの裏面にマジックで下書きをします

あまりに細か過ぎる等高線にしてしまうとカットが大変なだけでなく、貼る際にシワになりやすかったり、剥がれやすくなるので注意しましょう!

 

 

2.デッキテープをカットする

デッキテープ裏面に描いた等高線に沿って、カッターでカットしていきます。

デッキテープは硬いので、カットには力が必要です。
勢い余って手を切らないように、歯の向きには注意しましょう。

机を傷つけたくない場合は、下にカッターマットを敷いてください。

 

 

3.カットしたデッキテープをデッキに貼る

等高線模様にカットしたデッキテープを、デッキに貼っていきます。

少しずつ隙間を空けて貼っていきましょう!

今回、中央付近のデッキテープは1枚飛ばしに貼ることで隙間を作りました。
ノーズとテールに近いほうは、少しずらして貼ることで隙間を空けることが出来ます。
どうしてもデッキテープ同士がくっついてしまう場合は、再度カッターで余分な部分をカットするなどして下さい!

 

 

4.デッキのエッジをやすりがけする

等高線模様にデッキテープを貼ることができたら、通常の貼り方同様にデッキのエッジ部分を金属のヤスリや、ドライバーで擦って跡をつけます。

デッキテープ表面のザラザラが無くなるまで擦ると、カットしやすくなります。

 

 

5.余分なデッキテープをカット

エッジ部分をガリガリしたら、余分な部分をカッターでカットします。

この工程も、通常の貼り方と同様の作業になります。

 

綺麗にカットオフできたらデッキテープ貼り完了です!

 

あとは、精密ドライバー等でトラックホールを空けてセットアップしましょう!

スポンサーリンク

オリジナリティ溢れる等高線デッキテープ

 

今回は、”等高線”をモチーフにしたデッキテープの貼り方を紹介しました。

オーリーなどのトリックで擦る部分や滑りにくくする必要がある部分(ノーズやテール)は、出来るだけ細かく切らずに大きく残す事がポイントとしてあります。

 

しかしそこだけ気を付ければ、意外と簡単にできて(フリーハンドでも大丈夫なくらい)、インパクトもあります。

ひと味違った個性的な貼り方をしたい方に、非常にオススメです!

パークや公園で目立つこと間違いなし!!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました