【初心者のスケボー入門】知っておきたいスケボーに適した靴「スケートシューズ」の知識

基礎知識・選び方
この記事は約5分で読めます。
\公式LINEでオンラインスケートスクール配信中!/

サッカーシューズや野球のスパイクシューズなど、プレイヤーがその競技の中で最高のパフォーマンスを発揮するために、それぞれ“専用のシューズ”というものが存在します。

 

スケートボードにも、クッション性や耐久性などの機能をUPさせたスケート仕様のシューズ・・・

「スケシュー」というものがあるんです!

もちろん普通のシューズでもスケートボードを楽しむ事ができますが、スケートシューズを使う事でスケートがより快適になります。

 

今回の記事では、普通のシューズと比べた
・スケートシューズ(以下スケシュー)の特徴
を、大きく3つに別けて紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

クッション性

一つ目の特徴は、クッション性が高いという事。

ケガを予防しながらスケートボードを楽しむには、シューズのクッション性はとても重要です。

なぜなら
・トリックをメイクした後の着地の衝撃
・メイクに失敗して、直接路面に着地した時 etc.
スケーターの足には、かなりの負担がかかるからです。

その負担を軽減できるのが、「スケートシューズ」という事です。

 

スケートシューズの多くは、アウトソールやインソールのクッション性が高められており、それによってスケーターの足がぶっ壊れるのを防いでくれます。

ステア(階段)をトリックで飛び超えたり、レールを攻めたり…

そんなハードな滑りをするスケーターにとってシューズは、もはや“防具”と言っても過言ではないでしょう!

シューズを履かずにスケートボードに乗るということは、裸で筋肉隆々のアメフト選手とぶつかりあうようなものです。
スッキリとしたクラシカルな見た目のスケシューでも、インソールを外してみると通常より厚めでハイテクなインソールを装備していたりします。
例えば、有名シューズブランドの「VANS」から出ているスケートラインの「VANS PRO」シリーズのモデルは、通常のものよりもクッション性の高いインソールが装備されています。
スポンサーリンク

耐久性の高さ

二つ目の特徴は、耐久性が高いという事。

スケートボードで使用するシューズは、アッパーやソールなど各パーツの消耗が激しいため、耐久性の高さが求められます。

何故なら、スケートボードのデッキの表面には紙やすりのようなザラザラした“デッキテープ”が滑り止めとして貼られており、シューズが激しく削られてしまうからです。

削られてしまう部分は、
・シューズのソール
→ボードに乗っている時は常に消耗
・シューズのアッパー部分
→オーリーを始めとした多くのトリックを行う時
(アッパー部分で”擦る”ような動作を多用する為)

基本的にボードにスケートをしている最中は常に消耗し、最終的には穴が空いてしまうのです。

 

そんな激しいスケートボードでの使用を考慮して、スケシューのソールやアッパーには普通のシューズよりも耐久性が高いものが使われています。

アッパーにキャンパス素材が使われているスケシューもありますが、より擦れに強くて穴の空きづらいスェードレザーが使われているシューズが多いです。

 

耐久性を上げる為にはそれ以外にも、

・シューズのアッパー素材が剥がれたり型崩れをしてフィット感が損なわれ難くする為に
つま先付近の生地の縫い合わせを減らし、ステッチ(縫い目)が切れづらいようにデザインされているシューズ
・簡単に穴が空かないようにする為に
アッパーが二重構造になっているシューズ
シューレス(靴ひも)が切れにくい構造のシューズ

など、ブランドごとにスケシューならではの工夫や機能がみられます。

 

ボードコントロールのしやすさ

三つ目の特徴は、スケートボードのコントロールがしやすいという事。

スケートボードで使うシューズでは、”ボードコントロールのしやすさ”も重要なポイントです

何故ならトリックの多くは足を使って行うため、シューズはスケーターの足の感覚の延長になる物だからです。

つま先がビョ~ンってとんがってるようなシューズでは、オーリーもフリップもきっとやりずらいですよね?笑

それぞれのモデルによってアッパーの形なんかは微妙に違ったりしますが、スケシューとして販売されているシューズというのは、基本的に足からデッキへの入力を邪魔しないような形のデザインになっています。
スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、普通のシューズと比べた
・スケートシューズの特徴
を紹介しました。

一つ目は、クッション性が高いという事
・アウトソールやインソールのクッション性が高められており、スケーターが受ける様々な衝撃を吸収してくれます。
二つ目は、耐久性が高いという事
・良く消耗してしまうシューズの「ソール」や「アッパー」の部分の素材や作りが頑丈
三つ目は、スケートボードのコントロールがしやすいという事。
・スケシューは、足からデッキへの「力」や「感覚」の伝達の邪魔にならないような形になっている。

スケートシューズの特徴をまとめると、このような内容になります。

 

今回は、スケーターがこだわるアイテムの1つである”スケシュー”と普通のシューズとの違いを紹介しました。

「いつも普段履きのシューズをスケートでも使ってけど、スケシューってスケートしやすいの?」

「普通のシューズと何か違うの?」

そんな疑問を持っている方は、是非この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

また、スケートシューズのソールには「カップ」と「バルカ」という”種類”があります!

それぞれメリット・デメリットや特徴があるので、シューズを選ぶ際には参考にしてみてください!

 

めちゃくちゃ便利な公式LINE始めました!                                       友だち追加                                                                             HIGHVOLTAGE SKATEBOARDING 新着記事一覧はこちら   TOPページ   カテゴリー一覧
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました