【初心者のスケボー入門】知っておきたい!スケートボードの種類

基礎知識・選び方
この記事は約5分で読めます。
\公式LINEでオンラインスケートスクール配信中!/

「スケボーやろうぜ!」

 

東京オリンピック2020の競技に正式採用され、大きな盛り上がりを見せたスケートボード。

そのおかげか、
・スケートボード教室の盛況
・少しずつですがスケートパークもOPEN
と、僕たちの身近にもだんだんとスケボー文化が浸透してきています。
もっと気軽にスケボーを楽しめる日常が、もうそこまで来ているのかもしれません!

 

ただ、スケートボードと一口に言ってもいろいろな種類があることはご存知でしょうか。

「ボードに車輪が付いてるのって全部スケボーでしょ?」って思う人がほとんどだと思います。

自転車でいえば・・・
・普段使いに便利なママチャリ
・アクティブに使えるマウンテンバイク
・スピードに特化したロードバイク
なんてのもあるわけです。

 

同じくスケートボードでも用途に応じて使い分けがされていて、大まかに分けると
・ストリートボード
・クルーザーボード
・ロングボード
と、3種類のスケートボードが存在するのです。

 

という訳で今回の記事では、
・スケートボードの種類
を解説していきます。

 

「スケートボードを始めようと思ってるけど、何を選べばいいかわからない…」

そう思っている方は、まず初めにこの記事をご覧になってください。

 

スポンサーリンク

ストリートボード(ショートスケート)

まずは、ストリートボード

“トリック(技)”に特化したスケートボードです。

 

東京オリンピック2020で使われたスケートボードも、この「ストリートボード」になります。

・トリックの数は無限大。
・パーツの組み合わせ次第でかっこいい技を決めたり、街乗りで移動手段に使えたり。
・マルチに使える不動の人気No.1
価格帯は、およそ8千円~2万円
こだわりをもったパーツで組み上げると、3万円以上する事もあります。

 

トリックをマスターしたい方、自分のスタイル(個性)を磨きたい方にオススメのスケートボード。

 

ストリートボードでトリックをマスターすれば、一人前のスケーターに仲間入り。
注目されること間違いなし!

 

【詳しくは⇒】ストリートボード(ショートスケート)

クルーザーボード

次は、クルーザーボード

「クルージング(滑走・滑る事)」に特化したスケートボードです。

 

スケボーの楽しみは、トリックを決める事だけじゃありません。

「スマートに滑走をして、普段の移動を楽しむ」事が目的の「クルージング」というジャンルのスケートボードです。

・通勤・通学や街中でのお散歩など
・テクニックをストリートボード程必要としないため、比較的初心者向き
・柔らかく大きめのウィール(車輪)と組み合わせることが多く、滑走音が小さく滑らか
・軽くてお手軽
・デザイン性にも優れ、ファッショナブル
価格帯は、およそ5千円〜2万円くらい
ストリートボートとは、少し違う形・違うパーツを使っています。

 

持ち運びに便利な小さめサイズのミニクルーザー「Penny(ペニー)」が世界的に大ヒットし注目を集めたことは、記憶に新しいです。

「手軽に疾走感を味わいたい」
「トリックも磨きたいけど、普段使いに」
という方への”サブデッキ”としてもオススメのスケートボード。

 

『初心者で興味はあるけど、トリックとかは難しそう・・・だけどスケボーって楽しそうだし気持ちよさそうだな…チャレンジしたいな!』という方にもお勧めです。
スケボーに乗るという、基本的なバランス感覚も養われるので、是非とも1本持っておきたいもの。

 

【詳しくは⇒】クルーザーボード

ロングボード

次は、ロングボード

スノーボード・サーフィンの「オフトレ(オフシーズンの練習)」にも使用されるスケートボードです。

 

全長が長く、安定感抜群のスケートボード。

通称「ロンスケ」と呼ばれています。

・サーフィンやスノーボードのオフトレ用
・デッキが長く、幅も広く安定感が抜群で、初心者にもGOOD
・スピード感も抜群
・特殊なトラックを搭載し、ターン性に優れたモデルもある
・奥が深く、初心者だけでなく玄人の方も満足
価格帯は、およそ2万円~5万円

 

坂道を下るダウンヒルや、左右にスライドさせるスラロームを楽しみたい方にオススメのスケートボード。

「この冬、絶対にスノーボードをうまくなるぞ」「サーフィンで、この夏を自分のものにしてやる」という方にもおすすめです。

 

【詳しくは⇒】ロングボード(ロンスケ)

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・スケートボードの種類
を解説しました。

ストリートボード
トリックに特化したスケートボード
東京オリンピックでも使われた、マルチに使える不動のNo.1
クルーザーボード
クルージングに特化したスケートボード
大流行した「Penny(ペニー)」は、ミニクルーザーです
ロングボード
スノーボードやサーフィンのオフトレにも使用されるスケートボード
奥が深く、初心者だけでなく玄人の方も満足できます

まとめると、この3種類が”スケートボードの種類”です。

 

当ブログでは、ストリートボードのトリックや知識等を中心に配信していきます。

だからと言って、「ストリートボードだけ楽しむ」ことに限定する必要はありません。

 

「サブでクルーザーを持っておきたい!」

「冬はスノボーにも行くから、ロンスケも滑っておく!」

全然OKですし、オススメできます!

それが、自分のスタイルにも繋がるわけです。

 

是非、スケートボードを選ぶ際は、参考にしてください!

 

めちゃくちゃ便利な公式LINE始めました!                                       友だち追加                                                                             HIGHVOLTAGE SKATEBOARDING 新着記事一覧はこちら   TOPページ   カテゴリー一覧
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました