デッキ

基礎知識・選び方
この記事は約5分で読めます。

デッキには、様々なブランドやシェイプ(太さや反り具合)のものがあります。

 

自分に合ったデッキは、ベストなパフォーマンスを引き出す手助けとなってくれます。

 

しかし、自分に合っていないデッキを選んでしまうと…

「練習しているのに全然上手くならないんですけどー!!」

「デッキ変えたら形が全然違う!下手になっちまったよー!!」

なんてことにも…

 

このように、使うデッキによって乗り心地が大きく変わってしまうので、デッキ選びには非常に重要です。

スケーターが一番こだわるパーツですので、しっかりと予備知識を身につけて、最適なデッキを選びましょう。

 

スポンサーリンク

各部名称

スケートボードのデッキの各部には役割があり、それぞれに次のような名前が付けられています。

 

  • グラフィック
  • ノーズ(フロント) とテール(リア)
  • コンケーブ
  • キック
  • ホイールベース(トラック間)
  • デッキサイズ

 

ここからデッキの各部名称と役割について解説していきますので、参考にしてください。

グラフィック

デッキのグラフィックとは、デッキの裏面(地面側)に施されたイラストのことを指します。

 

言うまでもなく、デッキのグラフィックはアート作品のように芸術的なものや、過激でエキセントリックなものなど見る人を惹きつける魅力的なものがたくさんあり、ブランドやデザイナーのこだわりを感じ取ることができます。

 

まさに”デッキの顔”とも言える部分でありスケーターの個性が光るところです!

 

ちなみに私は、このようなデザインのものを使っています!

 

ノーズとテール

ノーズは英語で”鼻先”を意味しており、スケートボードのデッキではフロント(前)部分、テールは”しっぽ”つまり、デッキのリア(後ろ)部分のことを指します。

 

通常ノーズとテールには微妙に長さや角度に差があり、トリックをするために効率の良い形状になっています。

また、スタンス(足の位置)の場合、前の足をノーズ足、後ろの足をテール足なんて呼ぶこともあります。

 

HowTo動画でもしばしば出てきますので、覚えておくといいと思います。

 

【デッキのノーズテールの見分け方】

デッキの前後の見分け方はとっても簡単です。

 

ビス(デッキとトラックを固定するボルト)の穴からデッキ端までの長さを測り、長いほうがノーズ、短いほうがテールです。

また、ノーズの方が角度が強くなっているデッキが多いので、慣れると乗っただけで判断ができるようになります。

 

コンケーブ

コンケーブとはデッキを縦方向に見た時の左右の湾曲のことを指します。

 

コンケーブの強さは複雑なトリックを行うようになると、非常に重要となります。

 

一般的に、コンケーブが強くなると反り返った部分に足が引っ掛かけやすくなるため、フリップ (縦方向の)回転がしやすくなります。

しかし、コンケーブが強くなるとデッキのフラット(平らな)部分が減るため、」窮屈に感じる場合があります。

 

初心者の方にはコンケーブのあまり強くない、フラットに近いデッキのほうが安定感があって使いやすいです。 

 

スポンサーリンク

キック

キックとは、デッキの前後の反り上がった部分のことを指します。

 

ストリートボードでは、ほとんどのトリックでテール部分を弾いて飛び上がるという動作が必要になります。

このとき文字通り地面を”キック”する(蹴り上げる)動作で、この反りが必要となります。

 

 

キックが強ければ(角度が急であれば)弾いた時のデッキの角度も強くなる為、より高く飛ぶことができます。

同時に、弾くために多くのエネルギーが必要になるというデメリットもありますので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

ホイールベース

ホイールベースとは、デッキにトラックを取り付けるために開けられた穴のノーズ側からテール側までの間隔のことを指します。

 

一般的に、この間隔が広いほど直進性が高く、狭いほどターン性が増します

ですが、組み合わせるトラックの性能の影響のほうが大きいので、そこまで気にする必要はありません。

 

そのため、ショップでもホイールベースについての情報は記載されていないことが多いです。

いつか自分でスケボーを組み立てることになった時の知識として覚えておきましょう。

デッキサイズ

ストリートボードのデッキサイズは、デッキ横幅の太さを表していて、一般的に7.5インチ~8.25インチが多いです。(1インチ2.54㎝)

 

サイズが大きくなるにつれて安定感が増しますが、重くなるためトリックをするのに大きな力が必要になります。

 

一方、サイズが小さくなると軽い力でトリックができますが、そのぶん不安定になります。

 

最近では、ジャパンブランドのデッキも増えてきましたが、日本ではまだまだアメリカからの輸入品デッキに頼っているのが現状です。

 

そのため、アメリカスケートシーンの流行の影響が大きく、現在はショップでも8.0インチ以上の太めのデッキが多くラインナップされています。
 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました