ターン/TURN―フロントサイド・バックサイド

HowTo-フラット
この記事は約4分で読めます。

プッシュで前に進むことに慣れてきたら次は「ターン」に挑戦しましょう!

 

スケートボードに乗るうえでは、ターンは必要不可欠なスキルです。

 

街中を流しながら見つけたバンク(傾斜面)を使ってターンをしたり、きれいな路面でターンを織り交ぜながらクルージングして、爽快感が味わいましょう!

 

[やりすぎ完全解説]

 

TRICK VIDEO

 

スケーターレベル ★

こなれ感 2

危険度 1

爽快感 3

応用度 5

おしゃれ度 2

 

レベル(★★★)とチャート(あくまで個人の見解です)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ターンの解説

ターンとは、体重移動により背中側(フロントサイド)もしくは腹側(バックサイド)に弧を描くように、方向転換する動作のことです。

 

他のトリックにつながることはもちろん、スケートパークにあるようなRセクション(湾曲した滑走面が特徴的なセクション)での動きにもつながる基本動作になります。

 

スケートボードでは、前後左右あらゆる方向の体重移動が必要です。

まずは左右の体重移動を使ったターンに慣れておきましょう。

 

[習得しておきたいトリック・スキル]

How To ターン

・スタンス

 

・上体の向き

 

(フロントサイド)ターンの動作

1.プッシュ時と同じ基本のスタンスをとりましょう。

 

2.ノーズ側の肩をターンする方向(背中側)に開きます。

 

3.かかと側に体重をかけ、デッキを傾けます。

 

4.ターン後、かかと側にかけていた体重をデッキ中央に戻し、基本スタンスに戻ります。

※ノーズ側とは⇒デッキ―スケボーのパーツ

 

スポンサーリンク

 

 

(バックサイド)ターン

1.プッシュ時と同じ基本のスタンス

 

2.ノーズ側の肩をターンする方向(腹側)に入れます。

 

 

3.つま先側に体重をかけデッキを傾けます。

 

4.ターン後、つま先側にかけていた体重をデッキ中央に戻し基本スタンスに戻ります。

 

コツ・ポイント

・しっかりと進行方向を見よう!

足元ばかりに気を取られてしまうと上手に体重移動することができません。顔を上げてターンする方向に視線を向けることで、上体をうまく使った自然にターンになります。

 

・重心の位置は7:3でノーズ寄りにすべし!

 

ターンする方向に体重をかける時、ノーズ側のトラック付近に重心を置きノーズ側のトラックを傾ける意識で体重をかけると、安定したターンができます

 

ケーススタディ

・ターンの練習を始めてみて、体重をかけても思うようにターンができない場合

トラックのセッティングが硬すぎるかもしれません。
その場合、トラックのキングナットを緩めてあげることでトラックの可動域が広がり、ターンがしやすくなります。

 

・ターン時にデッキが傾きすぎて安定感に欠けると感じた場合

キングナットを締め込み可動域を狭めることで、安定感を出すこともできます。

ただし、キングナットの締め加減による調整にも限界があります。それ以上にフィーリングの変化を求めるのであれば、ブッシュやトラック本体の交換を検討する必要があるでしょう。

 

キングスナットについて スケボーパーツ→トラック については、下記のページも参照してください!

トラック
トラック トラックはスケートボードの乗り心地を左右する非常に重要なパーツで、他のパーツと比べても複雑な構造をしています。 ボードを支える骨組みとして、金属製でタフな作りになっているのでちょっとやそっとじゃ壊れることは...

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました