これだけは覚えておきたいスケートボード用語10選(入門編)

コラム
この記事は約4分で読めます。

スケボーを始めて見て、ネット等で色々情報収集をすると思います。

またYouTubeなどでも、スケーターの動画を見ると思います。

その際にぶち当たる壁

 

「何を言ってるんだ?用語がわからない」問題

 

スケートボードで使われる言葉って、言い回しが独特なんですよね。

 

今回は、そんなスケボー特有なワードの中でも超基本の用語10個を紹介していきます。

最近スケボーを始めたよって方は、是非見てみてね!

スポンサーリンク

スケボーの超基本用語10選

・トリック
・メイク
・スタンス
・デッキ
・トラック
・ウィール
・ベアリング
・セクション
・パーク
・まくられる

 

・トリック

スケートボードを使った”技”の事。

 

・メイク

スケートボードを使ってトリック(技)を成功させること。

初めてメイクしたトリックを、初メイク

一発でトリックを決めた場合を、一発メイクなんて言ったりします。

 

・スタンス

ボード上での足の置き方の事

ボードの進行方向に対して左足が前にくるスタンスを「レギュラースタンス」

右足が前にくるスタンスを「グーフィースタンス」と言います。

 

・デッキ

スケートボードを構成するパーツの”板”の部分

通常、足を乗せる面に足裏との食いつきを良くする為にデッキテープと呼ばれるヤスリ状のテープを貼って使用します。

デッキとは本来ボード(板)の部分を指すのですが、セットアップされた状態のスケートボード1式を”デッキ”と表現する場合もあります。

 

・トラック

スケートボードのデッキ(板)とウィール(車輪)の部分をつなぐ、T字の金具部分

一見するとどれも同じような形状をしていますが、高さや重さ、曲がりやすさなどトラックのブランドごとに特徴が異なります。

どこのトラックを使うかによってスケートボードの性格が決まってくるので、スケーターの好みやこだわりが強く現れるパーツです。

 

・ウィール

スケートボードの車輪の部分

通常、スケートボードは4輪なのでショップなどではウィール4つで1台分として販売されています。

こちらも一見するとどれも同じような形状に見えますが、シェイプ(形)や硬さ、サイズなど様々な物が存在します。

スケーターは自分のスタイルや用途、使用する路面に合わせて使うウィールを選択しています。

 

・ベアリング

ウィールの中に組み込まれる軸受部品のこと。

トラックのシャフト(車軸)との摩擦抵抗を減らし、ウィールの回転を滑らかにします。

通常、1つのウィールに2つのベアリングが組み込まれるので、スケートボード1台分では8個のベアリングが使われます

 

・セクション

スケートボードで使われる造形物の総称を、”セクション”と呼びます

セクションには様々な種類、形状の物があり、スケーターはこれらのセクションを使ってトリック(技)を行います。

セクションの種類については、後ほど別の記事で紹介したいと思います!

 

・スケートパーク

スケートボードを楽しむために、セクションが配置された施設のこと。

スケートパークを略して、”パーク”と呼んだりします。

スケートパークと一言で言っても公営のパークと私営のパークがあり、滑走料金も異なります。

また、ヘルメット着用義務の有無などパーク内でのルールが決められている場所もあります。

スケーターの会話の中に出てくる「パーク」とは、だいたいスケートパークの事を指しています。
某有名プロデューサーであるJ.Y.パークの事では無いので注意しましょう。

 

・まくられる

ボード上でバランスを崩し、ボードが足からすっぽ抜けるかたちで転倒すること。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました